03:11 

Nude (ch 8, p192-194)

s o n n y
Nothing is impossible.© The sky’s limit. Your sky. Your limit.©
- じゃあ。恋愛を飛び越えて。自分の子供とか、自分の血の入ったものを求める気持ちはありませんか?
Y んー……。

- 子供のイメージも、すごく安息につながると思うし、人間の生きたいという本能をさらに突きつめると、そこには子孫を残して。自分の血を存続させたいという種の保存という考えが、生物の生存の原点にあったりもするんですが。

Y うーん。どうなんだろう......。最近、見たいとは思うかな。そういうことは、実際、考えるんですよ。解らないけど、子供というか......これもまた昔の話になっちゃうんですけど、僕は犬を飼ってたんです。それで、東京でも犬が欲しいなぁと思ったんだけど、そこで思い出したのが。やっぱり虎だなって。

- トラって、あの、動物の虎?

Y うん。昔から虎が欲しかったんです。小さい頃から、いつか絶対に飼おうと思っていて、でも虎を飼うのって、なかなか難しいんですよね。

- 子供のうちはいいですけど、大きくなると、ちょっとジャレただけでも、人が死んじゃいますからね。

Y 虎ってね、どんなに愛情を込めて育てても、絶対に野生に帰るんですって。そう言われてるんです。だから赤ちゃんの時から育てたとしても、喰い殺されてしまう可能性があるって、人からも言われたんだけど、オレは、もしそこで喰い殺されたんだったら、それはそれでいいんだ、それでも大丈夫だっていうくらいの感覚があるんです。

- 喰われてもいいから育てたい?

Y うん。そう。子供の時から本当に愛情を持って育てて、それでも食べられちゃったら、それはそれでいいんですよ。で、今、欲しいなって思ってる。

- 動物が好きだった?

Y はい。子供の頃から動物がすごく好きで、動物ばかり飼っていたんです。今も最愛の犬がいるし、鳥もいっぱい飼ってたし、アヒルまで飼ってた。スズメも捕まえちゃって、慣らしちゃったんです。それが手のりスズメになっちゃった(笑)。手に乗せて放すと、ホントに遠くまで飛ぶんだけど、伝書鳩のように、また自分の手に戻ってくるんですよ。

- へえー、すごい。

Y それで、近所でも有名だった。「あそこの子は、スズメを慣らしちゃった」とかって(笑)。だからそう。スズメは飼っていたというか、放し飼いですね.スズメの(笑)。うん、いつも動物の本を見てたり、図鑑をばかり調べてました。それで、なんで虎なのかというと、それもケンカ的な発想からでね、世の中で一番強い動物ってなんだろうっていうのを、夏休みの自由研究かなにかで書いたことがあるんです(笑)。よく、百獣の王ライオンって言うでしょ、それで、ライオンと虎はどっちが強いかみたいなテーマで書いたんです。

- 虎の方が強いんですか?

Y ライオンはね、常に群れを成すんですよ。群れを成すから強いんですけど、だけど虎はいつもひとりというか、単独なんです。

- あー、なるほど。

Y うん、孤独なんですよ、で、ライオンは群れを成しているから、現実に闘ったら負けてしまうかも知れないけど、一対一だった場合には勝てるはずなんです。だから虎が一番強いんだって思って、それで昔から虎が好きで、飼ってみたいなと思ってる。だけど、周りの反対が多いんですよ(笑)。

- そりゃあ.そうでしょう。

Y 虎を飼いたいんですけどって言うと、ヌイグルミで我慢してくれって(笑)。

- でもそれは、前からYOSHIKIが言っていた(危険な美)というか、それに近い発想ですよね。どんなに愛情を持って育てても、喰い殺されるくらいの危険さのある愛というか……

Y でも、絶対に不可能じゃないと思うな。愛は伝わると思う。うん、絶対に大丈夫というか、もし喰い殺されても、それは虎の愛情なのかも知れないし、逆に愛情が足りなかったことの報いなのかも知れないし。そうですね、だから今は、子供というよりも、まず、虎ですね(笑)。

- 虎ねえ……。でも実際のところ、虎を飼うというのは、かなり具体的なプランとしてあるんですか?

Y 結構ね、これは二~三年前からずっと言ってることで.前に少し調べたりもしたんです。虎を飼うには、まずそれなりのお金がいるとかね。いっぱい食べるだろうし、エサ代だけでも物凄い金額になるらしいですから。だから、並大抵のことじゃ飼えないですよ。それでね、自分の人生の目標というわけじゃないんだけど、基準の一個には、『虎が飼えるようになる』というのを入れてるんです(笑)。虎……欲しいなあって。でも不可能なことじゃないと思うんだけどなあ。

- つまり、女性というよりも、むしろもっと危険なものの方に、そばにいて欲しいという感じですね?

Y うーん、まあ、女性に興味のカケラも無いかと言われれば、決してそういうワケでもないですから……徴妙なところですよ。

- ああ、物事をやる時に中途半端は出来ないとか、片手間にはできないと言っているように、恋愛にもある種、完壁なものを描いているんじゃないですか?

Y だから、うん、ミュージシャンである前に男性でありたいと思うし、だけど、その男性である前に自分はミュージシャンだと思っちゃってるから、だから難しいんです。それって難しいですよねえ(笑)?

- ニワトリと卵みたいなもんですよね(笑)。恋愛の前に全てを捨てられるかどうかとかね。

Y 時々考えるんですけど、今の立場を全く全部取っちゃったらどうなるんだろうとか……。惰性で物事を進めるのはイヤなんですよ。今までこうしてきたから、これからもこうだみたいなのは絶対イヤだな。だから、いきなりポーンと捨てちゃうかも知れない(笑)、全てのことを。

- YOSHIKIの性格なら、あり得るかも知れない(笑)。

Y あり得ますよね。だって、いつも何かを求めてやってるわけだし、そこに自分の求めてるものが無かったことが解ってしまった時には、全部を一回突き放して、もう総てをまっさらにして考えてもいいんですよね。それでホントにやりたいと思ったことを、また始めてもいいんだし……。

- それが恋愛でもいいしね。

Y んー……だけどね、そこで考えてしまうのは、オレにとって、音楽というのは、やっぱり特別なんです。うん、オレが、音楽に関わらないってことはないと思う。

- 結局、音楽に触れている時が一番の安らぎであり、しかも一番の狂気であるというところに落ち着いてしまうんですか(笑)。

Y うん。やっぱり、一生の……総てだと思っているから。

- じゃあ、この前雑誌の対談で、「ピアノは今はまだ自分にとって愛人みたいなもので、一方的に愛していると思っているのに愛が確認できない、いつかは本当に愛し合って結婚したい」と言ってたのは、単なる比喩でもないみたいですね?

Y はははは。あれはもう、思いっ切り愛人ですよ(笑)。ダメですね、まだ。オレもそんなに長い間付き合ってるという感覚が、まだしないですし、たまに会ってるという感じですね(笑)。うん、何とか生活を共にしたいですけどね。

- ピアノが愛人とすると、ドラムというのは(笑)?

Y ドラムですか?あれはケンカ友達です(笑)、いやホントに。そう、ドラムに向かってる時って、自分では、ケンカしてるっていう感覚が一番近いと思う。楽器とは交わらないといけないって、よく言われますけど.ピアノはともかく、ドラムとはケンカでいいじゃないですか。あれとはホントに真剣にケンカしてるんだから。うん、あれはもう、ホントにケンカですね(笑)。
сканы страниц:
s017.radikal.ru/i444/1211/21/0bd631953c93.jpg
s018.radikal.ru/i518/1211/94/3bb5ec3309ba.jpg
s017.radikal.ru/i431/1211/5a/9be9e0f3f100.jpg

@темы: интервью, Йошики

URL
Комментарии
2012-11-05 в 08:27 

Diana_
Интересный отрывок! Йошики все спрашивали про любовь и про девушек, а он свернул на любовь к тиграм:)
А про девушек все старался замять. А кончилось любовью к роялю! :)

2012-11-05 в 08:39 

riana 78
Nothing is impossible!
s o n n y,
спасибо... я очень давно хочу прочитать это интервью...:)


А кончилось любовью к роялю! :):):)

2012-11-05 в 10:24 

s o n n y
Nothing is impossible.© The sky’s limit. Your sky. Your limit.©
Diana_, если сможешь, если будет время, перескажи поподробнее, пожалуйста

URL
2012-11-05 в 11:00 

Diana_
s o n n y,
Да я все собиралась перевести, с тех пор, когда еще Ольга рассказывала про NUDE -а тут текст удобно набран, хорошо читать. Так что постараюсь перевести.

2012-11-05 в 14:28 

*Лунный свет*
Life's a journey, not a destination.
Nude Вопросы о личном
как интересно!!
Сонни, спасибо за сканы. Я так понимаю, ты уже немножко читаешь на японском?))
Диан, я тоже буду ждать подробностей)) *_*

все спрашивали про любовь и про девушек, а он свернул на любовь к тиграм:) А про девушек все старался замять. А кончилось любовью к роялю!
:-D мда, сейчас Йо стал явно откровеннее)) правда, не слишком....

2012-11-06 в 10:37 

Amon_shi
я присоединяюсь к предыдущим ораторам!

подробности в студию!!

   

Middle-Earth

главная