Nothing is impossible.© The sky’s limit. Your sky. Your limit.©
Программа e.Typist - гениальная штука! Распознает японский текст с хороших сканов практически один-в-один.
И все же я долго возилась с одной-единственной страничкой, пока методом тыка не нашла в меню (оно отображается кракозябрами) все, что мне надо.
Вот результат. Это первая страничка главы, вернее подглавы «Успех выступления в Токио Доме и уход Тайджи» из главы 4 «Воспоминания о бешеной гонке» ("Memory of dash") книги Йошики.
стр. 267.

第4章「疾走の記憶」

東京ドーム公演の成功とTAIJIの脱退

セカンドアルバム『Jealousy』の売れ行きは、すこぶる順調でYOSHIKIが宣言した100万枚のセールスが夢ではなくなっていた。
ラジオやテレビ、有線放送は繰り返しXの新曲を流し、それを聴いた誰もがサウンドの過激さとメロディの美しさ、詞の切なさに心を動かされた。そして、楽曲と奇異なファッションが一体となった彼らの秘密に触れたがった。人々は90年代を駆け抜けるパワーと、社会の閉塞感を打ち破る若々しい
エネルギーをXのメンバーに感じ取っていたのである。
ファーストアルバム『BLUE BLOOD』がヒットした後でも「ハードロックなど、メジャーシーンの主流になるはずがない」と高をくくっていた評論家や他のレコード会社も、Xが作り出した時代を転回させるほどの熱狂を、認めないわけにはいかなかった。
YOSHIKIは、インタビューを受ける機会には必ず自分たちの音楽に対する考え方や、目指す方向を言葉で示した。目前にそびえる壁を突き崩して進むこと、ロックというジャンルにまとわり付く古い印象を刷新すること、日本を席巻する楽曲を作り続けること、それらが彼の優しい声で語られた。
日本のロックアーティストが自らの言葉でその哲学や思想を語は少なかったため、YOSHI

267
----------------------------------------
Сначала распознаю эту подглаву до конца, потом вернусь к началу... Нет, подписи под фотками распознаю завтра же... а сколько журналов лежит... а Хидэ-Байбл... а... за сто лет не распознать. И все-таки у меня праздник! \(*^___^*)/

@темы: Йошики, book